2010年05月24日

EDIUSをお使いの方はご存知かと思いますが・・・

昨日の更新でエディウスでワイプ等のトランジションをかけたとき、アンダースキャン表示ではセーフティーエリアのみしかトランジションがかからず、アンダー領域では前のカットの画が残ってしまうという問題を書いたが、編集の合間に設定項目をイロイロ調べた結果、「3%」という設定でこのような症状になることが分かった。

この設定が「3%」では、ワイプをかけるとアンダースキャン領域では前のカットの画が残ったままワイプがかかる。
100524_007.jpg

この設定変更のやり方は・・・

1.「設定」→「プロジェクト設定」をクリック
100524_002.jpg

プロジェクト設定が出てきたら左下の「現在の設定を変更」をクリック
100524_003.jpg

プロジェクト設定が出てきたら、右側の項目の真ん中ぐらいに「オーバースキャンサイズ」という項目があり、デフォルトでは「3%」と設定されている。
100524_004.jpg

拡大すると・・・
100524_005.jpg

これを「0%」に設定する。
100524_006.jpg

アンダースキャン領域でワイプをかけても前のカットの画は一切残っていない。
100524_001.jpg

なんでこんな設定になっているのかは定かではないが、負荷軽減策ではないかと推測する。

「ヘルプ」のどっかに書いてあるのかもしれないが、捜すのが面倒なのでイロイロと直接弄ってこの問題は解決した。

てか、解決したと思う。

でもEDIUSお使いのユーザーは、こんなことお分かりですよね?

私は最近使い始めたものですから・・・。


posted by 七曲 (ななきょく) at 00:05 | TrackBack(0) | ビデオ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38464079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック